MENU

マットレスが柔らかい!そんな時に試したい5つの硬さ調整対策

最近、良く寝られない、起きると体が痛い。

そういえば、なんだかマットレスが買った時に比べて柔らかくなった気がする。

寝心地は、日々の生活を快適に過ごすために欠かせない要素の一つですよね。

寝心地の重要な要素となるのが、マットレスの硬さです。しかし、購入時の感触と異なり、実際に使ってみるとマットレスが柔らかいと感じることは少なくありません。マットレスが柔らかすぎることで、睡眠中の体への負担が増し、寝返りのしにくさが日々の疲れとして溜まっていくおそれがあります。

適切な硬さのマットレスを選ぶことで快適な睡眠を確保し、日々のパフォーマンスを最大限に発揮することが可能となります。

ですが、そんなに簡単にマットレスを買い替えるわけにもいきませんよね?

この記事では、マットレスが柔らかすぎると感じた時の硬さ調整の対策を紹介します。まずは基本的な対策から始めていきましょう。
この記事を読んでほしい人
  • 最近、疲れが溜まっていると感じている人
  • マットレスが柔らかくなったと感じている人
  • 硬めのマットレスが好みの人
目次

柔らかいマットレスの問題点

柔らかいマットレスは「心地よさ」が特徴となりますが、それが逆に問題を生むことも少なくありません。特に大きな問題点は以下の2点です。

1.支持力の低下:柔らかいマットレスは体重をかけると形が変わりやすく、適切なサポートが得られずに筋肉が緊張した状態で保たれます。結果、起床時に身体に負担を感じることがあります。

2.寝返りの困難:マットレスが柔らかいと、体が深く沈み込んで寝返りがしにくくなります。これは深い睡眠を妨げ、起きた時に体や腰が痛んだり、日中の疲労感につながることもあります。

これらの問題を解消するためには、マットレスの硬さを調整することが必要となります。
硬さが適切なマットレスは、体圧をうまく分散させ、長時間の睡眠でも体を適切にサポートします。

マットレスの硬さは、私たちの睡眠環境と健康に大きな影響があるため、適切な硬さのマットレスを使用しましょう。

柔らかすぎるマットレスを硬くするための基本的な対策

柔らかすぎるマットレスを硬くする基本的な対策として、まず考えられるのは、「マットレスの裏返し」「トッパーの使用」です。マットレスの裏返しは、使用していない側が硬くなっている場合や、一部分の凹みを改善する手段として有効です。

また、「トッパー」を使うことで、マットレスの上にさらに一層を重ねて硬さを調節できます。トッパーは様々な素材や硬さが選べますので、自分に合ったものを見つけましょう。

さらに、「除湿シート」を利用するのも効果的です。これは、「除湿シート」は一定の硬さを備えているのでマットレスの下に敷くことで、硬さを調整することが可能です。

これらの簡易的な対策を試してみて、まずは自分に合う硬さに調節することをお勧めします。

(1)対策1:マットレスの裏返しとトッパーの使用

マットレスが柔らかすぎると感じる場合、まず試してみたい対策として、マットレスの裏返しとトッパーの使用があります。

マットレスを裏返すことで、使用頻度の低い面を使い寝心地を変える事が可能です。ただし、裏返しによる効果はマットレスの種類や構造によりますので、メーカーの説明や取扱説明書を確認してください。

次に、トッパーの使用です。トッパーとは、マットレスの上に追加で敷くことで硬さを調整する専用のパッドのことを指します。種類も豊富で、中には固めの素材で作られたものもあります。

対策詳細
マットレスの裏返し使用頻度の低い面を使い寝心地を変える。
トッパーの使用マットレスの上に追加で敷くことで硬さを調整。
これらの対策は単体でも効果がありますが、組み合わせて使用することで一層の効果を期待することができます。

(2)対策2:除湿シートの利用

柔らかすぎるマットレスの硬さ調整には、除湿シートの利用も有効な手段となります。

除湿シートは以下のようなものを用いると良く、マットレスのサイズに合わせて選択しましょう。マットレスとシーツの間に敷くだけで、日々の湿気を吸収してくれます。尚、除湿シートは定期的に交換することが重要です。

また、除湿シートを用いることで、マットレス内のダニや細菌の繁殖を抑制する効果も期待できます。これにより、清潔で快適な寝具環境を維持することができます。

除湿シートの使用は、マットレスの硬さを調整するだけでなく、健康的な睡眠をサポートする多面的な効果があります。

その他の対策とその効果

(1)対策3:マットレスのお尻部分にタオルを敷く

お尻部分にタオルを敷く方法は、柔らかすぎるマットレスを硬くするための簡単な解決策です。具体的には、折りたたんだ大判のタオルをマットレス上に設置し、その上で寝るというものです。

この方法の一番の利点は、一般的に家庭に常備されているタオルを使用できる点で、特別な道具や製品を購入する必要がないというコストパフォーマンスの良さです。

また、タオルの枚数や厚さを調整することで、自分に合った硬さに調整できるのもメリットです。

しかし、注意点としては、タオルがずれてしまう可能性があること。寝返りをうった際などに位置がずれると元の柔らかさに戻ってしまうため、しっかりと固定することが大切です。

以下にその手順を簡単にまとめました。
  • 大判のタオルを折りたたむ。
  • 折りたたんだタオルをマットレスの上、お尻が来る部分に敷く。
  • タオルの位置がずれないように注意しながら寝る。

(2)対策4:ベニヤ板やコンパネを敷き、その上に他のマットを敷く

柔らかすぎるマットレスに困っている方には、ベニヤ板やコンパネを敷くという方法も効果的です。これは、マットレスの表面に一定の硬さと平坦さを提供することで、体の支えを改善します。

ベニヤ板やコンパネは、ショップやホームセンターで簡単に入手できます。サイズはベッドの大きさに合わせて選んでください。そして、それをマットレスの上に配置し、その上に布団や別のマットレスを敷くだけです。
  • ベニヤ板やコンパネを選ぶ
  • マットレスの上に敷く
  • その上に布団や別のマットを敷く
ただし、ベニヤ板やコンパネは固すぎて寝心地が悪くなる可能性もあるため、敷き心地を確認しながら調整していくことが重要です。

若干、強引な方法ですね・・・。

ですが、新しいマットレスを検討する際、どんな硬さが自分に合っているのかを知るためにも試す価値はあるかと思います。

(3)対策5:硬めのマットレスやベッドパッドの導入

柔らかいマットレスの対策として、硬さを上げるための新しいマットレスやベッドパッドの導入を検討することも有効です。

硬めのマットレスは、背骨を適切な位置に保つことを可能にし、快適な睡眠へと導いてくれます。また、ベッドパッドは既存のマットレスに追加することで、寝心地の調整が可能です。

以下の記事に、硬めのマットレスを紹介しております。気になる方は御覧ください。
導入に際しては、まずは自分の好みの硬さや、体の具体的な痛み部位などを明確にした上で選んでください。
より快適な睡眠環境を目指してじっくり検討してみてください。

硬さ調整以外の対策

マットレスが柔らかいと感じる原因は、単にマットレスだけでなく、自身の体調にも関連しています。

(1)体の健康状態のチェック

体の健康状態は、マットレスが柔らかすぎて困っている原因の一つになるかもしれません。特に、体重が増えた場合や筋力が落ちていた場合、マットレスが柔らかく感じることがあります。

まずは、以下の点を自己チェックしてみましょう。
  1. 最近、体重に変動がないか?
  2. 骨盤周りの筋力は保てているか?
  3. 日頃から適度な運動をしているか?
これらの点で「はい」と答えられない場合は、自身の健康状態を見直すことをおすすめします。体調管理によって自分に合ったマットレスの硬さが変わる可能性があるからです。

また、睡眠時の体の姿勢が悪いと、マットレスが柔らかすぎると感じることもあります。次の節では、適切な睡眠姿勢について詳しく説明します。

(2)適切な睡眠姿勢の意識

適切な睡眠姿勢とは、身体への負担を最小限に抑え、深い睡眠を促すためのポーズのことを指します。

特に、柔らかいマットレスでは身体が沈み込みやすく、姿勢が崩れやすいため注意が必要です。以下に、良い睡眠姿勢の例をいくつか紹介いたします。
  1. 背仰位(仰向け): 頸椎や腰椎への負担を軽減できます。ただし、無理なく自然な姿勢を保つことが大切です。
  2. 側臥位(横向き): 背骨が自然なS字カーブを保ちやすく、呼吸もスムーズになります。枕やマットレスとの関係も重要となります。
  3. 臥位(うつ伏せ): 体圧分散が難しい姿勢で、首や背中への負担が大きいため、可能な限り避けることが推奨されます。
また、姿勢だけでなく、マットレスと体の接触面積を増やすことで、体圧分散も可能です。具体的には、足を少し曲げる、枕を腕の下に置くなどの工夫があります。

これらを意識することで、柔らかいマットレスでも快適な睡眠を得ることが可能になります。

マットレスの買い替えを検討する場合

もしも上記の対策を試してもなお、マットレスの柔らかさが気になる場合は、新しいマットレスの購入を検討することも一つの解決策です。

新しいマットレス選びのポイント

新しいマットレスを選ぶ際、以下のポイントを意識すると良いでしょう。
  1. 自分の体型に適した硬さ: 体重が重い方は、体をしっかり支える硬めのマットレスが適しています。逆に、体重が軽い方は柔らかめのマットレスが適しています。
  2. 寝姿勢: あなたの主な寝姿勢もマットレス選びに影響します。仰向け寝の方は硬め、横向き寝の方は中間の硬さ、うつ伏せ寝の方は柔らかめのマットレスが最適です。
  3. サイズ: ベッドフレームや部屋のサイズに合わせたマットレスを選びましょう。
  4. 試し寝: 店頭で試し寝をするか、返品・交換保証がある商品を選ぶことで、自分に合う商品を見つけやすくなります。
以上4つのポイントを基にマットレス選びを行えば、あなたに最適な商品を見つけられるはずです。

まとめ:柔らかいマットレスも対策により調整可能

今回は、柔らかすぎるマットレスの硬さ調整のための具体的な対策をいくつか紹介しました。基本的な対策として、マットレスの裏返しや除湿シートの利用、さらにはベッドパッドの導入や適切な睡眠姿勢の意識などが挙げられます。

これらの対策により、マットレスの硬さを自分好みに調整することが可能です。

しかし、これらの対策が効果を発揮しない場合や、長期間にわたり体調を崩した場合は、マットレスの買い替えも検討しましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次